2012年08月21日

安芸矢口企画本所 9月の開所日

9月の本所開所予定日です。

4日(火)   2100〜2300 
9日(日)   1900〜2300 
15日(土)   1900〜2300 ←変更あり
        14日は代表者取材のため、開所日を移動させていただきます。

19日(水)   2100〜2300
22日(祝)   1900〜2300 鉄道雑誌配本日
24日(月)   2100〜2300
29日(土)   2000〜2300 短縮開所日

皆様のご来所をお待ちしております。

安芸矢口企画本所の開所日は、当面「4と9の日」(4、9、14、19、24、29)と、
鉄道系雑誌(広島地区)発売日(通常22日)とさせていただきます。
都合により開所が遅れたり短くなる場合があります。遠方よりご来所の場合は
なるべくご予約ください。


posted by 王舞大野 at 18:45 | TrackBack(0) | 安芸矢口企画 鉄道情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

8/6 ちょっと神秘体験?

芸備線で帰宅途中、少し神秘体験っぽいことがあったので記録。

キハ47のボックスシートに座りつつ、ダライ・ラマの著書を読む。

矢賀を出たあたりから、ページと目をを閉じ、縁起、宇宙、時間の始まりについて思いをいたす。

中山トンネルを通り抜けてしばらく、意識の内側に内側に向けて集中していた思考が、ふっと拡張したのだ。

その瞬間、自らは列車の中にありながら、列車の構体は消え失せ、自分の意識は列車の周辺に広がり、夜空が見えた。後から思い返せば、自分の意識が列車を中心として、直径10メートルぐらいに広がって、なお空へ広がろうとしていたように思われる(自分ではコントロールできていない)。

時間にして2、3秒だろうか。意識は再び自らの中に戻り、列車は戸坂駅に到着した。

この感覚は何だったのだろうかと思うに、法悦とか、三昧と言われるものの、極々小さいものではなかろうかと思う。

列車が戸坂を発車し、私はこの感覚の再現を図ったが、それは果たせなかった。

妄想かも知れないし、寝落ちしていただけかもしれない。今、こう記録をしようとしても、その時の感覚は一部しか想起できない。しかしその時、これまでになかったような感覚を得た事だけは間違いないので、記録しておく。

列車は考え事に向くとも言われる。ひょっとすると、瞑想にも一定の適正のある空間かもしない。
posted by 王舞大野 at 00:21 | TrackBack(0) | 安芸矢口企画 鉄道情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

7/29 ついカッとなって

徹夜明けの頭で、ついカッとなってお買い物。

購入先はネット古本中堅「駿河屋(エーツー)」さん。

「薄い本」の中古が、1冊100円未満からあるんですよね・・・しかも結構大量に。

広島で暮らしておりますと、マイナージャンルの薄い本、特にあまり女性がやらないジャンルの本は本当に入手が難しいのです。熊の同人誌が大量に出品されているのを見て、ついついポチってしまいました。あっちでぽちり、こっちでぽちり・・・気付けば買い物カゴの商品が、なんと75点にも!

ちなみに、熊の薄い本が35冊。その他ジャンルではボカロ5、八月系7、葉っぱ系5、その他14。これに商業誌古本が4、CD3枚、DVD1枚、フィギュア1体。書籍20点以上購入で20%OFFというのも利いて、75点でしめて8744円!

なお、フィギュア1点は「鉄道むすめ express 鷹野みゆき(※)」。実はこれまで、安芸矢口企画には鷹野さん不在だったのです。大きめサイズのexpress版で鷹野さんを雇用し、暇人会一同でprprしようと思いますw

到着次第、全年齢向けアイテムについては画像をアップしようと思います。

(※)実在の鉄道事業者女子制服を着用したフィギュア。鷹野みゆきは広電の車掌(後に運転士)という設定 
posted by 王舞大野 at 18:29 | TrackBack(0) | 安芸日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。