2007年11月07日

11/7 大根発芽

●11/2
収穫したサツマイモのうち、細いもの・小さいものをまとめて鶏ムネ肉と一緒に甘辛く炒めて食べる。あんまり細いものは、本当に根という感じで繊維が多くて食べにくい。あんまり細いものまで収穫してしまうのは良くないのかも?

●11/4
おそらく今年最後となるヘチマを収穫。
6日晩にへちま汁でいただいた。相変わらず美味。ちなみにこの時はタコライス+へちま汁という沖縄メニューでウマウマ。

●11/7
聖護院大根が発芽していた。種蒔きが遅かったので心配をしているが、果たして成長してくれるやら。アブラナ科は虫害がいつも心配なのだが、秋冬場であること、葉を主に食べるものではないことなどから、あまり防虫には気を使わないことにする。

拡張された露地Aであるが、種蒔きの時期を逸してしまったので、この冬は土を休ませることにする。ひょっとするとネギぐらい植えるかもしれないが。


posted by 王舞大野 at 10:47 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

10/27〜 サツマイモ収穫

imo.jpg
(写真は露地Cのサツマイモ、合計2.5kg)


露地B・Cのサツマイモ収穫。
つるぼけ全開だったのでまったく期待していなかったが、1株につき1個ぐらいは大きい芋が付いていた。

B・Cの7株で合計6kgの収穫となった。昨今のサツマイモ価格から考えれば、まあ苗の原価は軽く取れているので良しとしよう。

早速嫁様に大きな芋1個を大学芋にしてもらう。大量の大学芋が完成、実に美味。

B・Cとも芋掘り中にミミズと遭遇。有り難いことにミミズも定着してくれたようだ。

-----------

10月29日に、両親の協力を得て露地B・Cに芋蔓を埋設。この際に露地B・Cを拡張。露地AとCがつながってしまった。これより両方を露地Aと呼ぶ。

フラワーボックス(1)でしぶとく生えている冬瓜。夏頃から付きっぱなしの実をようやく収穫。食べられるのか??

------------

10月31日
フラワーボックス(1)から収穫した冬瓜はベーコンと一緒に汁にした。問題なく食せた。
露地Bに畝を作り、聖護院大根を種蒔き。もう遅いのだが・・・さてどうなるやら。
posted by 王舞大野 at 22:25 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

サツマイモは「つるぼけ」

先月の終わりに、サツマイモをちょっと試し堀りしてみた。が、さっぱり根が太っていない→芋が付いていない。危惧していたように「つるぼけ」のようだ。

「つるぼけ」とは、栄養の偏りや、土壌の関係で芋が付かず葉ばかりが茂る状態。そういえばジャガイモの時もこういう傾向だったよなぁ。とてもガッカリ。

芋が期待できそうにもないので、葉や茎を食べてみることに。昔、サツマイモのツルを代用食として食べたと聞いたことがあったので試してみた。

(1)サツマイモの葉・葉柄のシーチキン・キムチ炒め
葉・葉柄と茎の先端の若い部分を使用。火を通しすぎてサツマイモの量が減り、よく分からなくなってしまった。が、とりあえず食べられる。

(2)サツマイモの葉・葉柄スープ
同じ部位をコンソメスープにしてみた。具として、冷凍コーンと鶏もも肉の薄切りを追加。少し独特の青臭さが出たが、この香気は好みが分かれるものに思われる。自分は少し苦手だ。でも食べることは出来る。

まあ、あまり美味いものではない。が、代用食材としては十分だろう。ただ嫁様には一言、「沖縄の両親には黙っておいてね、なんだかものすごく貧乏させてるみたいにとられかねないから」。

-----

9月後半になってヘチマが2本収穫できた。1本は実家行きになり、もう1本は味噌汁(ナーベラーンブサー)と炒め物(ナーベラーチャンプルー)になった。収穫がやや遅かったため種がちょっと気になったが、こちらは美味しくいただけた。

-----

露地Aのアサガオは今年は花が短かった。繁茂しまくりのサツマイモ
に妨害されたか?
-----

夏頃、給水の失敗で枯れかけたシクラメンとサンタンカは10月に入って見事な復活となった。

-----

9月末にカモミールを種まき
posted by 王舞大野 at 15:33 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

6/28 プチ農事報告・パセリ開花

パセリの花

「惜別芸備線急行」も入稿になり、ようやくたまっている他の諸々にも目を向ける余裕ができました。画像は開花しているパセリの花。パセリの花なんて結構レア画像では?

フラワーボックス(1)のカボチャが続々と開花しています。本日初めて雌花が付いたので受粉させました。結実が楽しみです。

各所のサツマイモは、なんとか定着し、成長が始まりました。美味しい芋の実りに期待です。

露地Bのジャガイモは一難去ってまた一難。今度はニジュウヤホシテントウの被害を受けています。最初に発見したときなど、1株に28星テントウが10匹以上群がっており、その後も1日1匹ペースで発見・駆除しています。28星テントウは、ナナホシテントウなどとは異なりアブラムシなどは食べずに葉っぱを食い荒らす純然たる害虫。今日もまた殺生をさせられます(嘆)

ヘチマの大きいものは3mを突破しました。店舗の屋根に上がる外壁ハシゴにまだ巻き付いてくれていないのが少々不安。
アパートのフェンス脇のヘチマは1.5m突破。フェンスの一番上まで伸びてしまったので、これからは横向きに誘因の予定です。

---------------------------

ちなみに6月27日にRCCラジオ「午前様さま」のラジオカーに出していただきました。その日のレポーターは山本さん、相方が勝さんでした。しかし、うまくテンションを上げられなかったり、連絡先電話番号を告知してもらえなかったりとあまり上手く行きませんでした。

遺憾ながら放送後36時間経っても「ラジオを聴いて」というお問い合わせは1件も・・・
posted by 王舞大野 at 17:20 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

6/21 読売新聞取材・プチ農事報告

今朝は10時から読売新聞の取材がありました。もちろん「惜別芸備線急行」のことでの取材です。

掲載予定は7月4日に発行される別刷り「ひろしま県民情報」の「きらり」欄とのことです。



さて、最近ほったらかしの野菜たち。
サツマイモは植えたタイミングが悪く、雨が続いてしまったために葉っぱが大方朽ちてしまいました。全滅の危機かと思われましたが、各株とも新葉が芽吹きだし、なんとか定着できそうです。

ヘチマは一本だけ成長が極端に早くなっています。露地B横から店舗壁面に伸ばしている株だけ既に高さ2メートルを突破。他の2株はまだ50cmぐらいです。

カボチャが生育しまくっています。露地Cのものも、フラワーボックス(1)のものも大変な繁り方です。フラワーボックス(1)のカボチャは蕾が付きました。受粉のやり方とか調べておかないと・・・
posted by 王舞大野 at 12:57 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

6/6農事報告・サツマイモ植え付け

2007年度のガーデニングレポート4回目。

農協にサツマイモの苗が入荷。早速引き取りに行き、植え付け。植え付けカ所はフラワーボックス(1)に1本、フラワーボックス(4)に2本、露地Cに4本、露地Bに3本。合計10本、苗価格は10本で300円。

下調べを忘れていたせいで、大慌てで耕起して石灰を投入。苗を埋めて灌水。こんなバタバタで果たしてきちんと根付いてくれるやら。サツマイモの強靱さに期待。もっとも、露地B・Cは元々建物の下になっていた粘土っぽい土壌。昨年1年間のジャガイモ・白菜栽培と、冬場の生ゴミ投入、春の腐葉土投入などでいくらかましな土になったと思いたいが・・・・

その他の様子

フラワーボックス(1)
カボチャが随分成長した。一度間引きを実施し、カボチャは2株に整理。カボチャ以外の2株は成長が鈍い。南端にサツマイモを植え付け。

・フラワーボックス(2)
アサガオ。発芽が遅れていたものが今さらのように出てきてしまった。間引きをしないと。

・フラワーボックス(3)
マリーゴールドの成長が著しい。他の植物はマリーゴールドに圧されている雰囲気。


・フラワーボックス(4)
最後まで残しておいたウマゴヤシを引っこ抜いてサツマイモ2本を植え付け。

・露地A
後からアサガオが1本生えてきて、現在アサガオ2本態勢になった。追加種蒔きは結局実施していない。

・露地A'
移植したヘチマ、無事に根付いたようだ。蔓が生長しだしたので一安心。

・露地B
なぜか生えてきたジャガイモが1株。盛んに成長している。
このジャガイモを避けるようにサツマイモ3本植え付け。

・露地C
カボチャ?1株元気に成育中。
サツマイモ4本植え付け。

・プランターヘチマ
2カ所とも順調に成育中。
うち1カ所はカボチャとおぼしい芽が生えてきた。
スペースには余裕があるので、2本とも育ててみる。

・店内
パセリは中央の茎が伸び始めた。ひょっとして花が咲いてしまうのか?
ジャスミン開花。
コチョウランは2株目の開花寸前。

それにしても蚊が出てくるようになりましたね。本日、新年度2匹目の蚊を退治しました。あまり出てこないとよいのですが・・・
posted by 王舞大野 at 15:45 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

5/23 農事報告・ヘチマ定植

平成19年のガーデニング報告3回目。
5月23日にヘチマの定植。

4月13日に育苗ポットにまいたヘチマの種、1本を除いて発芽が遅くて心配していたが、5個中4個が発芽した。23日の段階では、先に発芽したものもあまり大きさに差が無くなっていた。

1本は昨年同様露地A'に定植。他の2本は白菜跡地の深型プランターに定植。プランターは少し位置をずらし、将来的に屋根へのハシゴ・アパートの境界金網へ蔓を伸ばせる位置に移動。残りの1本は未定、誰かに売却するか、どこかにゲリラ的に植えるか・・・

定植の際に、各株にジェイエース散布・腐葉土投入・バーク堆肥少々。

菜の花畑になっていた白菜連中を徐々に処分してきたが、23日についに全株処分完了。ところが、処分した白菜から這い出してきたとおぼしき芋虫毛虫類が、よりにもよって露地Aのアサガオを食害。アサガオは1本を残し壊滅!!アサガオはこれから蒔きなおしの予定。また今年も9月から開花するのか??芋虫毛虫ナメクジ退治のため、巡回頻度を上げる。

野良白菜に覆われていた秋ジャガ跡地の露地B。野良白菜を撤去してみると、1株ジャガイモorトマトの立派な奴が生えていた。肥料代わりに冬の間に埋めた生ゴミから生えたものか、秋ジャガの取り残し野良芋なのか、子細不明。せっかくなのでこのまま放ってみる。

その他の様子
・フラワーボックス(1)
カボチャは大きいもので本葉4枚。そろそろ再間引きが必要か。内2株はどうやらカボチャではないっぽいw

・フラワーボックス(2)
アサガオ。大きいもので本葉4枚。

・フラワーボックス(3)
2月に広島のヨッシーさんからいただいた寄せ植えをバラした草花が植わっている。球根モノは上部が枯れてしまった。掘り出して乾燥させなきゃ・・・。そうこう言っているうちにマリーゴールドが大繁茂開始。今年も長期間楽しませてくれるでしょう。果たして他の草花と共存してくれるのだろうか?

・フラワーボックス(4)
空き地。サツマイモ受入に向けてちょいちょい除草。

・露地A・A'
本記事先頭を参照

・露地B・C
空き地。サツマイモ受入に向けて土作り中。露地Cは最近まで生ゴミ投入を続けていた。そろそろ止めなきゃ。また、何故かウリ科の芽1本成育中。これもカボチャか?

・店内
水やりを忘れていてパセリが枯れかかる。
コチョウランは1株が先行して開花。2株は花芽が付いている。残りの2株は元気ない感じ。
2階から移したジャスミンも蕾が出来た。
シクラメンはどうにもこうにも葉ダニがつくので、酢を散布して現在屋外へ移動中。

・屋外全般
今年は野良白菜のせいか芋虫毛虫が多い。
生ゴミを埋めたせいかナメクジも多い。とはいえ農薬はあまり使いたくないので、手作業の駆除に精を出さないと・・・。
posted by 王舞大野 at 00:52 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

4/28 今日の植物

平成19年度の植物レポ、2回目?

へちまの種、ようやく1個発芽。
フラワーボックス2のアサガオ2個発芽。
フラワーボックス1は、肥料用に埋めた生ゴミ由来のカボチャ(?)が大量に発芽。どうしよう?このまま育てるのもおもしろいか。

シクラメンは一時葉ダニが増えていたが、外に出してやかんで水をかけることで大分抑えることが出来るようだ。

白菜は伸び放題。相変わらずの立派な菜の花畑状態だ。アパートの駐車場や隣家に侵入しようとするので、越境しそうなところを刈り取ってやる。
posted by 王舞大野 at 19:37 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

4/17 アサガオ種蒔き

niki20070417.jpg

すっかり春らしくなってきました。
安芸日記も大概サボっていたのですが、新年度もガーデニングの記録を付けていきたいと思います。

まず、暖冬の関係で葉野菜のもらい物が多く、結局取り入れせずに終わった白菜連中。春になって立派な菜の花畑になってしまいました。毎年思うのですが、本当に白菜の菜の花って大きくなりますよね。背伸びすぎです。(画像参照)

そんな白菜をかきわけて、露地Aにアサガオの種蒔き。またフラワーボックス(2)にもアサガオ種蒔き。この辺りのレイアウトは昨年と一緒。

次にヘチマ。今年は昨年の反省(発芽まもなくダンゴムシの食害に)を活かし、室内で育苗することに。4日ほど前に育苗ポットで種蒔き。その後は店内と店舗前を移動させながら発芽待ち。

白菜はサツマイモの苗が来るまで放置の予定。
posted by 王舞大野 at 18:02 | TrackBack(0) | 芸備農報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。